肝臓をいたわるしじみ

MENU

肝臓に良い食材は?

肝臓

アルコールがどっぷりつかった肝臓は比較的おいしくいただけるのは、レバーです。赤ワインにつけておくとレバーの臭みが消えやすいので食べやすくなります。

 

さて人間の方ではアルコールの場合はよく飲むと逆に肝臓に悪いという逆転したような状態になります。

 

お酒というのは本来臭みを抜いたりするという面が調理にはあるのですが、飲むと臭みが増すような感じがします。

 

色々忙しくて自宅でご飯が取れない場合にはサプリなどを活用すると肝臓をいたわれるん♪かもしれませんので、しじみをたらふく食べるなど参考にしてみると効果的かもしれませんね。

 

サプリだらけは良くありませんがうまくサプリを活用するとよさそうです。

 

医薬品などを含めると色々あるので何とも言えないのですが、だれでも手軽に取れるという点ではシジミとかオルニチンとか牡蠣とかウコンあたりが知名度が高いですよね。

 

知名度が高いというのは自分の場合でもそうですが、買う時の少しは安心感につながると思います。

疲れた肝臓を認知するのはとても大変

肝臓

アルコールを分解したり何かと大忙しの肝臓は代謝に関する事が非常に働きの中でも大きいため、オルニチンサイクルと呼ばれるアンモニアの代謝を促すサイクルがあります。

 

簡単にいうとどのような食品を食べても体の中ではアンモニアが発生します。

 

そのアンモニアが体などにとってみると有毒なので、そのアルコールの代謝を良くするのがオルニチンだそうです。

 

オルニチンはしじみに多く含まれているといわれていますが、食品中に一番オルニチンが多いのは貝類のしじみです。

 

ただ食品中に含まれているオルニチン量はごく少ないため一番食品に多いしじみでも取れる量は非常に少ないといわれています。

 

オルニチン目当てで何か食べようと思った場合にはシジミよりもサプリでうまく摂取するのが良いかもしれません。

 

疲れた肝臓を認知するのはとても大変な事です。

 

少し体が疲れやすいと感じることも結構実際は今までよりもかなり体が疲れやすい状態で気が付くからです。

 

なので普段から常に肝臓を休めるというのが大事かもしれませんね。

 

そういった時にしじみをたらふく食べていくと良いかもしれません。

 

あまり肝臓をいためつけ過ぎないようにしているつもりでも、意外と知らない間で起こっていることもあるので注意が必要になってくるかもしれませんね。

 

フォアグラは美味しいですが、フォアグラみたいな肝臓にならないように注意していく事が大切かもしれません。

 

特にフォアグラみたいな脂肪肝の場合には、胆石などのリスクがありますが、脂肪肝は体重とかに関係なく痩せている人にもなりやすいので注意が必要かもしれません。

 

 

 

 

肝臓をいたわるしじみおすすめサイト