石油系界面活性剤不使用のクレンジングを使おう

MENU

石油系界面活性剤は肌の潤い分まで洗い流してしまう?

石油系界面活性剤

石油系界面活性剤は肌の潤い分まで綺麗に洗い流してしまうので、肌が良く乾燥すると呼ばれています。

 

特にクレンジングで石油系界面活性剤が配合されているとその後洗顔とかする場合には、クレンジングを終えた時点で乾燥しきってしまっています。

 

特に毎日行う場合には、肌が乾燥するのが慢性化してしまって肌の表面が硬くなってしまうというのがあるかもしれません。

 

最近では石油系界面活性剤を配合してあるのは少ない様に思えます。

 

特に界面活性剤で石油系界面活性剤を使用しているシャンプーやボディソープ、洗顔料などは見かけていないですね。

 

食器を洗う際の洗浄剤にはアルキルベンゼンスルホン酸などを見かけますが、シャンプーではラウレス硫酸系が多く石油系ではなく植物性由来でも生成されるので厳密には石油系と呼ぶのに無理があります。

 

界面活性剤で強いのが配合されている場合には、メイク汚れなどが結構綺麗にサッパリ落ちます。

 

油汚れをしっかり落としてくれるので、皮脂も油分だから必要以上に落としてしまいがちです。

 

皮脂を落とし過ぎると皮脂が前よりも過剰に分泌しやすくなりますし、いくら洗浄力が高くても細かな部分の汚れが落ちないと汚れが溜まってしまいます。

 

なので、石油系界面活性剤に関わらず刺激が少なく乾燥させすぎないクレンジングを使用していくのが肌の健康には良い様に思えます。

 

 

 

 

石油系界面活性剤不使用のクレンジングを使おう おすすめサイト