アルカリ性石鹸の特徴は?

MENU

普段よく使用しているアルカリ性石鹸の特徴は?

アルカリ性石鹸

アルカリ性石鹸の特徴というと普段使用している固形石鹸ではアルカリ性でもあるので、通常使用している石鹸の特徴という意味でもあるかもしれません。

 

日常的に良く使用されている石鹸の多くは、アルカリ性でも弱アルカリ性です。シャンプーなどは弱酸性と呼ばれていますが、石鹸シャンプーでは弱アルカリ性がほとんどです。

 

石鹸シャンプーとか弱アルカリ性の場合には、髪に使用した場合にキューティクルが開いてしまうので、髪がきしんでしまう事から弱酸性リンスが必要です。

 

元々肌は弱酸性といわれていますが、雑菌が繁殖したり炎症が起きやすかったりすることがあります。弱アルカリ性の石鹸を使う事で肌を少しアルカリ性のしてあげることで洗顔後に再び肌は弱酸性の方に戻っていきます。

 

弱アルカリ性のメリットでもありますが、比較的洗浄力が高いため、最近では弱アルカリ性でもより中性に近い製品やアミノ酸系洗浄成分を配合した石鹸など色々出てきています。

 

弱アルカリ性の石鹸はシンプルな構成で出来ているので、余分な成分も含まれていないこともあります。保湿成分など高級成分が含まれている事も増えていますが、色々な成分が含まれていると今度は防腐剤などの成分が必要なので、色々配合されている成分が複雑に多くなってきます。

 

弱アルカリ性の石鹸はシンプルな方が元々弱アルカリ性自体が防腐剤みたいな役割にもあるため、非常にシンプルです。通常の石鹸はシンプルな石鹸を使用していくのが良いかもしれません。

 

 

 

 

アルカリ性石鹸の特徴は? おすすめサイト